【2/9】値上がり銘柄・値下がり銘柄

2月9日の値上がり銘柄、値下がり銘柄を1銘柄ずつピックアップして解説します。

  1. 株式投資
  2. 値上がり
  3. 値下がり
  4. ヨータイ
  5. オプトホールディング

値上がり銘柄


  株価
前日終値 606 -
終値 706 +100
高値 706 +100
安値 706 +100

同社は、重要基幹産業に各種耐火物を納入し、れんが部門では国内第1位のシェアーを誇るほか、各種炉のエンジニアリング・工事なども展開しています。

8日、2017年4月~2018年3月期の通期連結業績予想について、売上高を212億円から240億円へ、営業利益を13億円から32億円へ、経常利益を14億円から33億円へ、純利益を9億5,000万円から24億円へ、それぞれ上方修正を行ったと発表しました。

修正の理由として、世界景気の回復を背景に、鉄鋼・非鉄・電子部品向けの需要が旺盛で、受注・売上・生産が増加したためとのことです。

このことが好感され買いが入り、終値は前日から100円ストップ高706円で取引終了となりました。

値下がり銘柄


  株価
前日終値 1,300 -
終値 1,020 -280
高値 1,068 -232
安値 1,000 -300

同社は、業界2位を誇るインターネット広告の専業代理店で、不動産、金融分野などを得意としています。

8日、2018年1~12月期の通期連結業績について、売上高は910億円(前年同期比10.2%増)と増額するものの、営業利益は21億円(前年同期比5.6%減)、経常利益は15億円(前年同期比21.9%減)、純利益は6億円(前年同期比40.7%減)と、それぞれ減益見込みであると発表しました。
減益の理由として、、中長期的な成長とデジタルの新事業創出に向け、人材への投資及び事業投資を積極的に行うとともに、中長期の目標達成に向け、株価連動報酬の導入等の費用を織り込んでいるためとのことです。

このことが嫌気され売りが入り、終値は前日から280円安1,020円で取引終了となりました。

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

最終更新 : 2018年7月20日 16:45

買い予想ランキング

1

ソフトバンクグループ【9984】

2

古野電気【6814】

3

いちご【2337】

売り予想ランキング

1

ETFS 天然ガス上場投資信託【1689】

2

愛光電気【9909】

3

オンコリスバイオファーマ【4588】