トレンダーズ、片山晃氏大量保有判明により急騰!

SNSなどを積極的に利用し、「女性の口コミ」をビジネスに活用するマーケティング会社であるトレンダーズ。急騰した原因と今後についてお伝えします。

  1. トレンダーズ
  2. マーケティング
  3. 投資
  4. 広告
  5. 片山晃

【急騰した銘柄】

ココがポイント
  • タイアップ広告とインスタグラマーが好調!
  • 個人投資家の片山晃氏の大量保有判明!
  • 片山氏は長期投資を基本スタンスとしている!

株価

朝方から買い気配が圧倒的に強く、なかなか寄らない展開で値を切り上げ続け、前日比150円(15.8%)の1,102円のストップ高比例配分で取引を終えています。


これは相当大きな買い材料がでたことは間違いありません!



事業内容

SNSなどを積極的に利用し、「女性の口コミ」をビジネスに活用するマーケティング会社です。


新規事業への投資が続いていますが、タイアップ広告とインスタグラマーが好調で、業績は回復傾向にあるとされていた同社に降って沸いたサプライズ。



片山晃氏

あのヒロセ通商(7185)やチャーム・ケア・コーポレーション(6062)で名を馳せた、個人投資家の片山晃氏が同社の株式11%超を保有していることが判明したのです!


片山氏といえば、元手60万を25億円まで増やした実績を評価されて運用会社に入社し、機関投資業務を経験。


その後は未上場企業へ投資する企業を立ち上げ、上場企業も含めて何社もの大株主に名を連ねるカリスマ投資家としても市場から一目置かれています。


なかでも中小型の成長企業を独自の視点で精査し、成長を待つ手法が有名で、同社もその眼鏡に叶ったことが裏付けられたため、買いが殺到しています。


ちなみに急騰後は急落が付き物ですが、片山氏は長期投資を基本スタンスとしているため、突如として売り抜けて大きく崩れる危険はなさそうなのも買いを呼ぶ原因かもしれませんね!


最終更新 : 2018年2月23日 18:55

買い予想ランキング

1

JT【2914】

2

クニミネ工業【5388】

3

すららネット【3998】

売り予想ランキング

1

リコー【7752】

2

アイロムグループ【2372】

3

共同ピーアール【2436】