【1/5】値上がり銘柄・値下がり銘柄

1月5日の値上がり銘柄、値下がり銘柄を1銘柄ずつピックアップして解説します。

  1. 株式投資
  2. 値上がり
  3. 値下がり
  4. レオン自動機
  5. 省電舎ホールディングス

値上がり銘柄


  株価
前日終値 2,011 -
終値 2,348 +337
高値 2,363 +352
安値 2,207 +196

同社は、食品機械の開発・製造・販売のほか、食品の最終的調理成形工程を自動化した装置および各種プラントの設計・制作・納入設置・試運転・試験生産・操作マニュアルや管理の指導や、独立した単体の自動機械、付属品の製造・販売、これら機器の操作指導・配合法・品質管理の指導を展開しています。

4日、ゴールドマン・サックス証券が同社株について投資判断を新規に「買い」の評価をしたと発表しました。

食品製造業がその付加価値の低さ、労働集約的業態から利益の構造的限界にあること、さらに他製造業と比較して自動化率が低位にとどまっていることから、食品製造業における構造変化の恩恵を享受する最優良銘柄であるし、目標株価は3,600円としている。

このことが好感され買いが入り、終値は前日から337円高2,348円で取引終了となりました。

値下がり銘柄


  株価
前日終値 1,385 -
終値 1,296 -89
高値 1,372 -13
安値 1,241 -144

同社は、バイオガスプラントや太陽光などの再生可能エネルギー事業や省エネコンサルティング事業を展開し、現在は太陽光発電施設の施工に特化しています。

12月29日、東証は同社について4日売買分から、委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を、現行の30%→50%(うち現金を20%)とする信用取引に関する臨時措置を実施すると発表しました。

信用規制による人気離散を警戒から売りが前日に引き続き優勢となり、終値は前日から89円安1,296円で取引終了となりました。

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

最終更新 : 2018年7月20日 16:45

買い予想ランキング

1

ソフトバンクグループ【9984】

2

古野電気【6814】

3

いちご【2337】

売り予想ランキング

1

ETFS 天然ガス上場投資信託【1689】

2

愛光電気【9909】

3

オンコリスバイオファーマ【4588】